メトロレディーブルース 総集編

 〜非正規に尊厳を〜 2018年/55分

 

メトロレディーたちのたたかいを描いた「メトロレディーブルース1・2・3」の総集編となる。

東京メトロ売店には正社員と非正規の契約社員が一緒に働いている。仕事はまったく同じ、しかし非正規の賃金は正社員の約半分だ。何年勤めても退職金はゼロ。勤続10年で1000万円の格差が生まれる。1年契約更新で雇い止めの不安もあった。そんな中ユニオンをつくって立ち上がったシニアの女性売店員たち。みんな10年以上のベテランだ。この映画は、初めてのストライキから、会社との交渉、そして裁判提訴とつづく「メトロレディーたち」の5年のたたかいをドキュメントした。

メトロレディーブルース 、続メトロレディーブルース、メトロレディーブルース3もあります。

制作 ビデオプレス

¥3,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日1

出稼ぎの女たち

 マカオ作品 2009年/72分

 

インドネシアからマカオに出稼ぎに来て家事労働をする女性たち。エージェンシーにパスポートをとりあげられ、取り返そうとしたら暴力を振るわれたり、試用期間中に賃金が出なかったり、クビになったりと働く環境は大変厳しい。カメラは彼女たちを追いかけ、声を撮っていく。

日本で外国からの家事労働者を受け入れようとしている。この作品が「働く者の権利を守るということはどういうことか」を考えるヒントになるだろう。

マカオ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞、2009年マカオ文化センター映画祭 審査員グランプリ・観客賞受賞。

監督 セシリア・ホー 

¥3,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日1

解雇される女性 Part2

〜セクシュアルハラスメント〜 2006年/23分

 

女性労働者の六割が、職場でセクハラを受けているという。ビデオで紹介する女性たちは、職場でセクハラを受け、NOといった為に解雇された。セクハラをした加害者ではなく被害者が解雇されたことへの理不尽さ、くやしさ、怒りをエネルギーに変えて裁判で訴えた。心に受けた傷は深く一生ふさがらないという。これから働く学生や多くの働く人々におすすめのビデオ!

 監督 エンドウノリコ

¥3,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日1

解雇される女性

〜NOという勇気〜アニメーション入り 2004年/23分

 

不況を理由に多くの職場で不当に解雇され、納得がいかないにもかかわらず仕方がないと諦めてしまう女性が多い。そんな中、勇気をもってNOと言い続けた4人を紹介する。<解雇をいわれた場面は?><何故、NOと言えたのか><その後どう交渉したのか>などのインタビューをとおして会社の理不尽な解雇のしかたが見えてくる。アニメの解雇通告の場面は、いざという時にNOというためのイメージづくりに役立つ。又、2004年1月に設立された働く女性の人権センター「いこ☆る」が紹介されている。労働環境が厳しい中で働く女性たちやこれから働く学生たちにエールを送るビデオ。

 監督 エンドウノリコ

¥3,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日1